同窓会便り

 昨年『韓国歌謡史、上下二巻』を上梓した朴燦鎬学兄(66年文学部東洋哲学

科卒)が去る9月19日(木)東京・東中野space cafeポレポレ坐において

、「DJ講座韓国歌謡史2019」を開催した。

 19世紀末から、植民地期、解放後に至る約百年間の朝鮮・韓国の歌謡史につ

いて、2時間にわたり、音楽を交えながら熱弁をふるった。

 会場には多くの日本人韓国歌謡ファン、同窓生、そして内海愛子(恵泉女学

園大学名誉教授)氏ら研究者が多数参席していた。





Uri

Tomonkai